スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NTT104新サービスの弊害?

NTT104(西日本、東日本)の新サービスで番号案内の後に電話を切ることなく番号案内をした相手先にそのままかける事が出来るサービスが7月1日から提供されます。

とても便利なサービスのなのですが、このサービスで交換機(全ての交換機に当てはまるかどうかは分かりませんが)についての問題があるそうです。

ホテル、旅館の客室からNT104にかけた場合、104案内料金に追加して相手先接続料金通話料が発生する為、交換機やビジネスホンでは課金出来ないとのこと。


そのため、客室からのNTT104への発信は止めたほうが無難であるとのことでした。

NEC交換機(APEX系)NECビジネスホン(ASPIRE)等の設定で止める事が可能だそうです。




沢山新しい機能やサービスが出てくる中それに対応させるべきハードが、追いつかないことや告知が不十分で問題が起こることが最近は多々あるようです。


記憶に新しいものではインターネットプロバイダーがスパムメール対策で、送信メールを規制した際に、ホテルの客室インターネットで上手くメールの送信が出来なくなったことがありました。多くのホテルから問い合わせがあったのを覚えています。


サービスの強化も勿論ですが、それを使っていただくユーザーへの告知や認知を強化していかないといけないのだなと感じました。

NTT104について詳しくは→http://www.ntt-west.co.jp/news/0705/070507a.html


担当:大野

コメント

非公開コメント

ブログ内検索

お問い合せ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。