スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近物騒だからでしょうか、よく「ナバックさんは監視カメラは扱っているの?」などとお客様より相談されます。
特に都内などでは警察の方から、協力の依頼などが多くあるようで「古くなった監視カメラ(ビデオ録画)が調子が悪いんだけど、交換したらいくらぐらいするの」なんてお話を頻繁に頂きます。

自分も監視カメラの取り扱いをし始めてから知ったのですが今は、カメラもテレビと同じようにハードディスクにデータを撮り貯める時代になっておりハードディスクの容量に合わせて長時間で綺麗な録画もできるようになっており、昔のように同じビデオに何回も上書き録画をし続け、結果顔も誰だか分からないような録画になってしまっている(笑)なんてこともないようで、さらに動くものに反応して録画することや、何日の何時何分をすぐに見たいなんて時もにパッと再生できることや、ネットワークを使いカメラの画像を確認するなど、色々なことが可能になっており、とても便利なものになっていることにびっくりしました。

ところで監視カメラといっても、ドーム型・赤外線対応などなど沢山のタイプがあるのですが、お客様はどんな形を多く選ばれるのでしょうか?

疑問に思い、専門の方にに聞いたところ
一時期は設置しても目立たないドーム型のカメラが流行ったようですが、最近では逆に監視カメラであることがはっきり分かる形のものが選ばれることが多いとのことです。
なぜかというと、きちんとこのホテルはカメラを設置してセキュリティにも気を使っているというアピールをすることで何かがあった際にその内容を録画するのではなく、先に何かが起こってしまう前に抑止力として機能させることでお客様にも【安心感】を与えることができるという考えをされるホテルの方が多いからだとのこと。

なるほど、納得です!!

他のホテルとの差別化に【安心感】をお客様にご提供致しませんか?

なんて、私が言うと少し様にならないですね(笑)


何か気になることなど御座いましたら、お気軽にご相談くださいませ。

担当:大野

コメント

非公開コメント

ブログ内検索

お問い合せ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。