バーチャルワールド!!

second lifeみなさんご存知ですか!?


名前の通り【第二の人生】と言う意味で付けられたそうです。
仮想世界の事で2003年には開始されていたそうですが、
脚光を浴びたのは2006年に入っての事で、
2006年の後半に大手の企業がsecond life内に支社を開設したりなどの
ニュースが相次ぎ注目を受けるようになったそうです。



早速ですが日本語ベータ版を先日PCへインストールしてみました。
PCはハイスペックでないと動かないと思っていたのですが、
自分のPC、celeronMでメモリー512MBでもなんとか動いてくれました。
多人数同時参加型ですので近くに多くのプレーヤーがいたら、
すごく動きが重くなる事はあります。
調べてみたのですが、推奨はPentium III 800MHZ 以上でメモリは 256MB 以上となっており、
この推奨スペックではさくさく動かないのではないかと・・・

内容ですが、ファースト・ベーシックとプレミアムを選ぶ事が出来、
ファースト・ベーシックは無料で体験できますが、土地が所有できなかったり
条件が付いています。
プレミアムは月額使用料がかかりますが、土地を購入しその土地に建物を建設
する事ができたりなど、色々な事を行う事が出来ます。
『自分はもちろんファースト・ベーシックで楽しんでいます。』
その他second lifeにはリンデンドル通貨と言う独自の通貨があり、
これを使って服などを購入するわけです、作った服などを売ったりして稼いだり
する事ができます、なおこの通貨は現実の通貨へ換金する事も可能です。
【換金率がシビアらしいので、second life上で相当稼がないとお小遣い程度にも
ならないそうです。】

バーチャルな世界で稼いだお金を現実の通貨へ換金できるので、このような仕様が
ユーザー数を増やす一つだと考えられます。
日本の大手企業も参入しており、検索をかけると該当する企業の建物へ移動する
事ができます、しかも商品のホームページへ移動する事もできますので、
いい広告にはなるのではないかと・・・!!
【DoCoMoなど大手企業も新製品の紹介などおこなっています。】

本日はsecond lifeについてでしたが、自分も色々と新しい物に挑戦していきますので、
また新しい物を見つけたらご紹介します。

参考URL:http://jp.secondlife.com/

更新:西山

店舗VS通販

皆様こんにちは。

このような記事を見つけてみたのですが…

 デルとビックカメラは7月26日、PC販売で業務提携し、デルのPCをビックカメラの量販店で店頭販売すると発表した。デルが国内量販店でPCを販売するのは初めて。

 今回の提携により、ビックカメラは8月3日から全国22のPC取扱い店舗とネットショップの「ビックカメラ.com」で、デルのデスクトップPC「Inspiron 530s」と、ノートPC「XPS M1330」「Inspiron 1520」「Inspiron 6400」(XP/Vistaの2モデル)を販売する。

 いずれも6月に発表した最新モデルで、Inspiron 530sとInspiron 1520は15万7800円、XPS M1330は18万9800円、Inspiron 6400は13万4800円となる。

 なおデルは、店頭に製品を展示して、専用スタッフがインターネットで注文する「デル・リアル・サイト」を2000年から展開しているが、PCが自宅に届くまで時間がかかるなどの問題があった。量販店販売によりユーザーはPCを即日持ち帰ることができる。

 デルは今後、インターネットや電話で注文を受け付ける直販モデルと、店頭販売モデルを合わせ、ユーザーのさまざまなニーズに合わせた製品やサービスを提供するという。


デルなどの外資系PCメーカーは通販のみという常識を覆す記事ですね。

現在通販では何でも手に入ります。それこそご当地の食材からテレビなどの家電製品、本、家庭用品、酒まで…

通販のメリットとしては1つは安い!わざわざ出向かなくても購入できるなどですね。デメリットとしては商品が見れない等があげられます。

なので、中には店舗に行ってものを確かめて、家に帰ってから通販で安いものを頼む。そんなことをされている方も多数いらっしゃるようです。

じゃあ、店舗で購入するメリットって何だろう?

って思ったのですが…意外と簡単でした。


安心を買うじゃないでしょうか?
実際に店舗でものを確認し、店員の方と話をし、商品を購入する。

店舗からの購入は例えば家電製品を例に挙げると、家電量販店では最近5年保証が当たり前になってきています。通販だとメーカー保証の1年のみですが…5年保証の場合は後の4年は家電量販店が面倒を見る。となっていますね。

あと、通販だと初期不良や修理となったときにまた箱に詰め直して、メーカーに送る。そして受け取るなんて、めんどくさいやりとりをやらないといけませんが、家電量販店などでは取りに来てくれたりもしますし、初期不良なら交換品を持ってきてくれるでしょう。

あとは設置なども通販だと1から全部自分で行わなければならないわけです。しかし、家電量販店などでは設置サービスなんかもやってます。


店舗での購入、通販での購入それぞれにメリットデメリットはありますが、最終的には個人の考え方で購入するのが良いと思います。


ちなみに私は…

家電製品などの金額が高くなる、保証がほしい時は多少高くても店舗で…
安くすませたいものや、保証は必要ないものは通販でと使い分けてますよ。


更新:藁井

池袋のビックカメラ

買ってしまいました、液晶テレビ!!

とても安いメーカー(一応日本のメーカー)のものですが、一応32インチで地デジチューナーも付いています。

現在、テレビとパソコンのモニターを横並びにして使っているのですが、この液晶を兼用にする予定です。

画面が大きいので今から映画を見るのが楽しみです♪♪

ただカタログを見ていてふと思ったんですが、この自分の買ったテレビの待機電力が異様に高い!!

待機電力がなんと20Wもあります!!

他のメーカーの同サイズの液晶テレビでは0.1Wなどだったのに、この液晶テレビの待機電力は20Wもあるんです。

ちなみに年間で20Wなら電気代約4000円、それに対して0.1Wならば20円になるそうです。

ずっと毎年3980円差が付くことを考えるともしかしたら結局コストの安いものの方が良かったのかなとか、考えてしまいました。

でも、なんだかんだ言ってもテレビが早く来ないか待ち遠しいんですけどね(笑)


担当:大野

予約サイトへの手数料の削減

ナバック東京支店ブログを御覧の皆さん、こんばんわ!
本日は中原が更新します。
(更新予定日から1日遅れです・・・すみません!!)

今日は群馬へ営業に行ってきました(前橋市内)
朝、新幹線で高崎駅へ行き、そこからレンタカーです@-@


高崎市内や前橋市内は街の雰囲気がどことなく、私の故郷、熊本に似ているような気がします^^


そんな懐かしい雰囲気を味わいながらお客様のところへ訪問。。

今日は自社サイトからの予約システム「リザーブゲート」のお話しです。
URL: http://www.reservegate.com/

弊社の予約システムは、月額定額制で何件入ってきても月々の費用は変わりません。

インターネット上に数多くある予約サイトの多くは従量制で予約件数によって月額費用が上下します。

予約が沢山入ってくるのは良いのですが、それに伴い支払う手数料も相当な金額になっていくのが頭の痛いところでしょう^^;

私が営業していてお客さんに聞いた中で一番凄かったのが月100万近くの手数料を支払われている所がありました@


このあたりの手数料は施設様側ではできるだけ、削減したいところです。

定額制の予約システムを使い、予約サイトからのお客様をできるだけ多く自社サイトからの予約へ結びつけるかが鍵となってきます!


もう既に対処されている所は多いとは思いますが、まだされていない施設さんや今のシステムに満足されていない方、是非お問い合わせ下さい!!(ブログ左部のお問い合わせフォームから簡単に問い合わせできます)


それではまた!!

更新:中原

新宿にて!

皆さんこんにちは、

本日はあまりお役には立てそうにありませんが、
先日、新宿での営業の際に立ち寄った、
バーガーキングについて書きます。

2001年3月に、他社の平日半額キャンペーン等の低価格路線の競争などにより
業務終了・撤退したのですが、
2007年6月に東京へ再上陸したそうです。


食べなれた他社のハンバーガーと違い、
ビーフパティは直火焼きで香ばしく、
サイズも他と一回りぐらい大きいと感じました。

価格帯的にも他社とさほど変わらないぐらいで
す。

P1010089.jpg


気になる方いらっしゃったら一度挑戦してみてはどうでしょうか?
ちなみに池袋にも2号店が出来ているそうです。

参考URL:http://www.burgerkingjapan.co.jp/

更新:西山

CTIしてますか?

皆様こんにちは。

今日は電話環境のお話でも…

最近ではもうおなじみのCTI(Computer Telephony Integration)ですが、最初はコールセンターなどの業務で使用されていたものですが、ホテル・旅館様でもこの機能は大変役に立つものとなっているようです。

予約センターのあるようなホテル様から旅館様どんなところでも必要になってくるものではないでしょうか?

では、弊社のご提案するCTIとはどのようなものか…簡単にご説明いたします。


まずは、小規模向けCTIですが…これは代表回線をISDN回線にしていただき、そのISDN回線をTA(ターミナルアダプタ)という機械に収容します。
そしてこのTAとPCを直接つなぎ代表回線分はデータを取ることが出来るという仕組みです。

次に、特殊なTAを使用するタイプです。これは1回線から最大64回線まで拡張でき、アナログ回線、ISDN回線どちらでも大丈夫です。
基本は4回線なのですが拡張していくことにより多くの回線にも対応できます。
機械はそれなりの金額になってしまうのですが、それでも交換機を丸ごと入替えることに比べれば微々たるものですんでしまいます。

最後に交換機でのCTIです。
これは交換機にCTIの機能があるものが対象になりますが…交換機に収容されている回線全て取ることが出来ますし、中には電話機とPCをつないで、リアルタイムに取った回線番号の電話番号を表示してくれるもの等あります。
設備投資にかなりの費用が必要ですが、交換機を入替えご検討であればその中に含めてしまうことも良いかと思いますね。


さて、上記のように各方法により電話番号データを取得しますが、電話番号データを取得しただけでは番号が表示されるだけで何の役にも立ちません。

そこでホテルシステムの顧客データを活用します。
ホテルシステムの顧客データから電話番号検索をし、電話がかかってきたときに即顧客データを表示します。
これにより、どの顧客から電話がかかってきたのかを判断できるわけです。
また、顧客データに乗っていないデータは、全国電話帳データ(全国のタウンページやハローページをまとめたものです。)から検索することも出来ますし、その場で顧客データにすることも出来ます。

CTIを導入する一番のメリットは顧客に対するサービスです。
例えば予約の電話がかかってきた際に再度電話番号や住所、お名前等聞かずに予約が取れますので、予約時間の短縮にもつながります。

また、どうしても予約を受け付けたくない顧客…そういった場合の抑止力にもなります。

弊社でCTIを提案させていただき、導入していただいているユーザー様には大変ご満足いただいております。
電話がかかってきて即予約入力が可能なこのシステム是非ご検討いただければと思います。

ちなみに…弊社のホテルシステム全てCTIできますよ。

更新者:藁井

健康ランド・岩盤浴

最近はまっているものがあります、日本人ならみんな大好きでとっても癒される、、、、そう、それは温泉です。

自宅に早く帰れたときや、週末に良く近所の温泉に行って疲れを取っています。

温泉と行っても健康ランドのようなところも行くのですが、やはり基本はサウナのあるところ!!

沢山汗を掻いた後のフルーツ牛乳は最高です。

また、最近は岩盤浴も同時に入れるところも多くよく利用しています。



最近は新築のビジネスホテルなどでもアウトバスまたは、部屋自体にバスルームはあっても屋上階などに温浴施設が設置されているところが多く、また人気があるようです。

いつもと違う足の伸ばせるお風呂に入ってゆっくり湯船に浸かり疲れを取りたいと思う人が多いのでしょう。

最近はビジネスホテルの旅館化(観光目的の方の集客)、旅館のビジネス利用プランなど元来とは違った部分での集客にも目を向けていらっしゃるところが多いようです。

意外と目的別の来客を集計したりして、色々なプランを作ってみたら今までなかったタイプの集客ができるのかもしれませんね。

担当:大野

仮想世界で新たな広告

皆さん、こんばんわ!
今夜は東京支店営業 中原が更新します^^

インターネット上には色々なWebサイトがありますね!
一時期、株式上場などで話題になっていたSNSサイト「ミクシィ」や芸能人のブログなど様々です。

ちなみにこのブログを更新している4人は全員ミクシィユーザーです^^;


ミクシィの次に徐々に注目されつつある「セカンドライフ」というサイトをご存知ですか??

オンラインゲームのように明確なゴールは無く、他のユーザーとコミュニケーションを取ったり、色々なものを作ったり、外国に行ってみたり・・・。

このセカンドライフの仮想世界は実際の国名・地名があります。
少しやってみた事がありますが、渋谷や池袋などありました。


そのセカンドライフを最近、日本の企業が広告・宣伝として利用しているそうです。
一度テレビで見ましたが、自動車メーカーが発売前の新車をセカンドライフ上で発表し、他のユーザーはそれに乗ることができます。
バーチャルな試運転といった所でしょうか・・・。



同じように宿泊施設のPRをセカンドライフ上でやったら、どんな感じになるんですかね??

例えば、ビジネスホテルの建物を造り、そこに自社ホームページへのリンクを貼って自社サイトへ誘導したり・・・。
これは本当に新たな試みですね!!
実際出来たら面白そうです^^



まだまだ不透明な部分が多い3D仮想世界ですが、日本の有名企業が数多く、参加している所を見ると今後は普及していくものになるのは間違いないと思います。


更新:中原

手間いらず導入について②

今週は1週間天気悪いようですね、
外出の際はかさがいるか確認したがよさそうです。
個人的な事ですが、昨日皮靴を買ったのですが、天気が思わしくないので履けずじまいです。

今日はまたまたになってしまうのですが、手間いらずの導入がありましたので、そのご報告をいたします。
手間いらず導入との事で、弊社のサポートの方と同行し導入へ向かいました。
ホテルへ着き一通り御挨拶をすませ、早速PCへとインストール開始です。
本日は現在の使用している予約サイトが3つと比較的少なかったので、設定自体は2時間ほどで終了しました。
【サポートの方々も手間いらずの導入が多いのか以前よりも設定のスピードが上がっているような感じがします】

インストールが終わり、操作説明の際に、ホテルの方々に『これ使うと楽になるね~』
など言っていただくと、ほんとに嬉しくなってきます。
自動更新なので、客室をブロックしているとほとんど自動更新で回しているだけで、各予約サイトへ客室を提供できるので、そこも本日喜ばれていました。

現在予約サイトを3つしか使われていなかったので、手間いらずを導入した際に各予約サイトを増やして、集客の窓口を増やすのもいいかもしれません。

またシステムの導入の際などはご報告します。

ブログ内検索

お問い合せ

QRコード

QR