客室IT化

皆さん、こんばんわ!

今日はインターネット環境のお話です。
ビジネスホテルさんでは特に耳にしますが最近、こんなご質問を受けます

「客室を全室インターネット完備にしたい」


新築のホテルであれば、全室インターネット完備な施設が多いですが、既存のホテルさんだと「一部インターネット可」もしくは「不可」といった所が多いような気がします。
一般家庭に大きく普及しているインターネット。ビジネスでもメールの送受信などでよく利用します。
家で使えてホテルで使えないのは嫌というお客様も多いようです。

一言にインターネット設備とはいえ、その形態は色々あります。


・有線LAN
・無線LAN
・同軸LAN
・その他(電源LANなど)


上記の中でパフォーマンス的に一番安定するのは、やはり有線LANです。
各客室にケーブルを通すわけですから・・・

しかし既存の建物の場合、ケーブルが通せない場合もあります。
そんな時に無線LANや同軸LANを使えば客室にインターネット環境を提供する事ができます。

無線LANは各フロアにアクセスポイントを設置し、電波でインターネットを提供する事ができます。
ルータからアクセスポイントの通線は必要となりますが、客室までケーブルを通せないときなどは有効な形態となります。

同軸LANはテレビのケーブルを利用したインターネット設備です。
テレビのケーブル(同軸ケーブル)にインターネットのデータとテレビのデータを流し、客室に設置したモデムで分けるという仕組みになっています。
VDSL(電話線を利用した高速インターネット設備)と同じような仕組みですね。

弊社では客室のインターネット設備は勿論の事、ウォシュレットなどもご提案できますので、是非、ご相談下さい。
最近、新しいものとして電源LANというのを耳にしますが、これについては私も勉強中です。
また新しい情報が分かりましたら、ここでお知らせしていきたいと思いますのでお楽しみに!!

更新:中原

ブログ内検索

お問い合せ

QRコード

QR